RECRUIT

仕事を知る

STAFF INTERVIEW

サブソフト制作 ソフト制作部 サブソフト制作課

仕事の内容

  • 演出やUIを任意で制御・表示させる仕様書の作成
  • 既存の演出表示
  • 新しい演出表示タイミングの考案・調整
  • 演出表示レイヤーの調整
  • 表示された演出に対する自然な消し方の調整

仕事に就くきっかけは?

小さいころ、紙の上に自分で迷路を作ったり、簡単な工作でモノを作って友人と遊んだりしていました。
自分の作ったモノで、人が楽しく遊んでいる姿を見るのが好きで、将来はエンターテイメントにかかわる仕事に就きたいと思っていました。
その後、遊技機に出会い、その中でも版権を利用した遊技機ならではの演出に一喜一憂させられる体験を経て、この仕事に就職しました。

仕事で大切にしていることは?

眼は人間が得られる情報源で大きな割合を占めるので、とても重要な役割を担っていると思っています。
そのため、間違った印象を与えないか?表現したいことが伝わるのか?など一つ一つの演出に気を付けながら表示や制御を行っています。
版権を扱う場合、その世界観や背景などを改めて確認し、版権に見合った表現か?世界観を壊していないか?等、細心の注意を払っています。

ハードだったミッションは?

今までに経験したことのない、通常の制御では表現できない特殊な映像表現を行いたいと相談された際、構想した制御が実際にはうまく実装されず、試行錯誤を繰り返したものの、正しく表示できなかったことがありました。

どうやって乗り越えた?

映像制御に長けた社内の先輩に相談し、解決方法をご教示いただきました。
また、映像データの作成者にも協力してもらい、ようやく完成しました。イメージ通り物が目の前で動作した時の感動はひとしおでした。

サブソフト制作
応募する